平和の福音の備え

◆エペソ人への手紙6章10節~18節

6:10 終わりに言います。主にあって、その大能の力によって強められなさい。
6:11 悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、神のすべての武具を身に着けなさい。
6:12 私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。
6:13 ですから、邪悪な日に際して対抗できるように、また、いっさいを成し遂げて、堅く立つことができるように、神のすべての武具をとりなさい。
6:14 では、しっかりと立ちなさい。腰には真理の帯を締め、胸には正義の胸当てを着け、
6:15 足には平和の福音の備えをはきなさい。
6:16 これらすべてのものの上に、信仰の大盾を取りなさい。それによって、悪い者が放つ火矢を、みな消すことができます。
6:17 救いのかぶとをかぶり、また御霊の与える剣である、神のことばを受け取りなさい。
6:18 すべての祈りと願いを用いて、どんなときにも御霊によって祈りなさい。そのためには絶えず目をさましていて、すべての聖徒のために、忍耐の限りを尽くし、また祈りなさい。

◎平和の福音の備え

パウロはすべてのクリスチャンが霊的な戦いに備えるために「神のすべての武具」をとって全身武装するようにと教えています。今日は「平和の福音の備え」について、いっしょに学びましょう。

◎カリガ

ローマ兵たちは、長距離の行軍にも耐える、カリガ( Caligae )と呼ばれる革製の軍靴(実際はサンダルのようなもの)を履いていました。戦争用ですから紐の部分も頑丈に作られていて、それを足首部分で結び足を固定し ていました。耐久性を維持するために靴底に100個近い鉄製(あるいは銅製)の小さな釘を打ち込んでありました。最近の研究では、この軍靴はなんと 1000キロにも及ぶ行軍にも耐えうることが判明したそうです。さらにこの釘を打ち込んだ靴は、戦闘中に敵を蹴り倒すのにも有効であったようです。

message-20141207-Caligae.jpg

Ⅰ.キリストの完全な勝利を伝えるメッセージ

私たちは、神に敵対する目に見えない勢力(悪魔)との戦いの中に置かれていると聖書は教えています。キリストはすでにこの敵に決定的勝利を収めてい るのですが、戦いはまだ終結していません。私たちはこの地上に行かされている間、行軍を続けて行かなければならないのです。第二次大戦の転機となった戦い は、1944年6月6日の連合軍のノルマンディー上陸作戦です。この戦いでナチスドイツの敗北は決定的になりましたが、ヒットラーの死によって戦いが終わ るのはそれから一年後のことです。

ノルマンディー上陸作戦以降の連合軍と同様に、私たちは、最後の悪あがきをしている敵と戦っているのです。後のない敵は必至の抵抗を試みています し、私たちの行く道も決して平たんでありません。しかし、私たちの将軍であるイエス様は「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです。」と私たち を励ましてくださるのです。福音は「死の力を持つ悪魔に対するキリストの完全な勝利を伝えるメッセージ」です。この福音のメッセージを戦いの備えとして履 きなさいと聖書は私たちに命じています。

Ⅱ.神との完全な和解を伝えるメッセージ

私たちが伝える福音は「平和の福音」です。以前は罪の中に失われ、悪魔の支配下(敵の陣営)にあり、神に敵対する者であった私たちが、キリストの十 字架の贖いによって救われ、今は、キリストの贖いを通して創造主である父なる神との完全な和解の中に入れられているのです。イエス様が伝えた「神の国」と は、神のご支配のもとに神と人との間に完全な和解のあるところです。キリストは悪魔に勝利され、私たちに平和をもたらしてくださったのです。福音は「キリ ストの勝利によって開かれた神との完全な和解のメッセージ」です。クリスチャンはこの「神との和解のメッセージ」を伝令として伝える責任を負っているので す。

……神は、キリストによって、私たちをご自分と和解させ、また和解の務めを私たちに与え てくださいました。すなわち、神は、キリストにあって、この世をご自分と和解させ、違反行為の責めを人々に負わせないで、 和解のことばを私たちにゆだねられたのです。こういうわけで、私たちはキリストの使節なのです。ちょうど神が私たちを通して懇願しておられるようです。私 たちは、キリストに代わって、あなたがたに願います。神の和解を受け入れなさい。
神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちが、この方にあって、神の義となるためです。(Ⅱコリント5:18~21)